看護師を襲う疲労の危険

命の現場で忙しく立ち働く看護師には、いつでも緊張とプレッシャーがつきまとう。一人で多数の患者のケアや処置をまかされるため、肉体疲労が激しく終業時にはへとへとになるほどである。職場では医師や先輩看護師、患者やその家族との人間関係にもまれている。医療ミスを絶対におこさないために、勤務中は常に神経を研ぎすましていなければならない環境で働いているのだ。

看護師の疲労が危険なレベルに達すると、いろんな症状が現れてくる。代表的な症状として、仕事中に強い眠気に襲われる、院内を走りまわる足元がふらつく、言い間違いやケアレスミスを連発する、肩こりや腰の痛みを感じる、などが挙げられる。

これらは、疲労困憊した身体が休息を求めて訴えるSOSなのである。SOSを受けとったらその日は早めに寝るようにすべきである。身体が疲れるだけではなく、精神的な疲労が蓄積されていることもあるからだ。精神疲労の症状は、一般的に欲求や意欲の減退という現れ方をすることが多い。食欲不振に陥ったり、やる気が無くなって物事がどうでもよくなったりするのは、心の疲れが原因である場合が非常に多い。

精神疲労が重くなると、朝が来ても布団から出るのが嫌になって起き上がれなくなる。疲れの原因が仕事や職場にあるため、心が出勤を拒絶しているからだ。他にも、肉体は疲れているのに目がさえて眠れない、人と会話をするのが億劫で一人になりたくなる、身体は疲れていないのに直ぐに横になってしまうなど、あてはまる事項があれば要注意である。