問題は現場の過酷にあり

毎日の仕事による疲労の蓄積に悩んでいる看護師が急増しているとして話題を呼んでいる。高齢者の数が増え続けている日本の診療機関を支えている看護師については、多くの人の関心を集めることになるのではないだろうか。

医師や薬剤師などと共に、病院やクリニック、診療所などの現場で活躍しているのが看護師である。医師の指示に従い、病気やケガに見舞われた人への対応をすることが主な仕事で、医師と共に患者の症状の改善やケアに努めることが求められている。医師からのプレッシャーやモンスター患者などへの対応に四苦八苦する看護師の姿は度々のように報じられており、多くの注目が寄せられている。

その仕事の過酷さから離職者も増える一方とされており、医療現場の苦悩が明るみになっているのである。厚生労働省や自治体においては、高齢化社会に直面している中、抜本的な改革の必要性を謳っているが、その具体策を打ち出せていないのが実態だ。

診療機関などの診察だけが医師や看護師の仕事ではない。寝たきり状態の高齢者への訪問看護や在宅ケア、在宅医療などにも注力する診療機関が出てきており、人手不足にあえぐ現場に追い打ちをかける状態になっているのである。疲労困憊の医師や看護師にとっては、何とも厳しい取り組みといえるだろう。増え続ける高齢者への対応は待ったなしで対峙すべきことである。一事業者だけに押し付けるのではなく、社会全体で考える必要があるといえるだろう。